東京フリーハンドロゴ

《挑戦》変わりダネのパスタ vol.1

サバの缶があったのでパスタ料理に挑戦した。
料理名:さばゲッティ

さばのスパゲッティ

<材料:1人前>
スパゲッティ:1人前
サバの水煮缶:1缶
生姜:1かけ(すりおろす)
大葉:2枚(みじん切り)
きざみ海苔:適量
醤油:大さじ1杯
オリーブオイル:適量
<調理手順>
①スパゲッティを茹でる。表示時間より1分半ほど短く。
②生姜をすりおろし、大葉をみじん切りにする。
③茹で時間が残り2分くらいになったら、フライパンを熱し、オリーブオイルを適量入れる。おろした生姜を入れ、サバ缶の身だけを入れる(サバ缶の汁はとっておく)。強火でサバの身を大きめに崩しながら炒める。※あまり炒め過ぎない。サバの身が生姜と混ざる程度に。
④サバ缶の汁とパスタの茹で汁(1お玉)を入れ、醤油を大さじ1杯入れる。
⑤煮立ったら火を弱火にし、茹で上がったスパゲッティを投入。すぐに大葉を入れる。スパゲッティがからんだら火を止めて盛りつける。
⑥きざみ海苔をふりかける。

<自己評価>
まあまあ。すごく美味ではなかった。
たぶんアサリなどの魚介を入れたら美味しいだろが、それはシーフードパスタで、コンセプトがブレてしまう。
そして改良点を考えてみた。
・大葉をもう少し入れた方が風味が立ったかも。
・醤油ではなく、ポン酢を使った方が良かったかも。
・盛りつける前にレモン汁を加えて方が良かったかも。
・水菜を入れたら食感が良くなったかも。
機会があったら改良点を考慮して再びチャレンジしたい。
(2015.02.22)

季節が暖かくなったら
低予算で楽しめる『川飲み』がオススメ。

多摩川飲み

 新宿から20分ほどで行ける「登戸」駅。駅から5分も歩けば多摩川の土手に出る。駅前で総菜や酒を買い込んで多摩川土手へ。100円ショップで売ってる携帯に便利なイスを鞄に忍ばせておけば敷物の心配はない。川沿いで適当な石を見つけてテーブルにすれば宴会のスタート。多摩川の運ぶ風は天然そのもので気持ちがいい。普通の日の夕方だから、バーベキューで騒ぐ輩もいない。散歩や運動する人がいるくらいでのんびりと酒が飲める。日が暮れても街灯などでそこそこ明るいので照明器具はいらないし、その暗さがちょうどいい雰囲気を醸し出してくれる。存分に酒と自然が楽しめ、会話も弾む。なにより店に比べれば安く上がる。花見のように寒さ対策もいらない。これはハマるかもしれない。今年は『川飲み』がいい。
ただマナーを守って、ゴミは必ず持ち帰ることは忘れずに。
(2014.05.09)