路面店で効果を発揮する看板

路面店で効果を発揮する看板の特徴とは

路面店の看板の役割とは

通りに面した場所にある店舗のことを、路面店と言いますが、店を宣伝する看板は、どのようなものがふさわしいのでしょうか。
路面店で効果を発揮する看板の特徴についてお話しします。
効果的な看板を作成するには、看板の役割や目的について理解する必要があるのです。

 

店を繁盛させるには、お客さんを呼び込む必要があります。
路面店の場合、集客する方法は多岐にわたりますが、通行人を呼び込むというのも一つの方法です。

 

店の近くを通る人々に、店の存在を知らせ、認知度を広めるのが、看板の役割になりますが、看板の役割は、それだけではありません。
効果的な集客は、店に興味を持ってもらう人をターゲットに設定し、ターゲットの興味を引くように宣伝することです。

 

看板をターゲットが好むようなロゴやデザイン、配色にすることで、ターゲットに対して高い訴求効果が生まれます。

このように、路面店の看板の役割は、店に訪れて欲しいお客さんに認識してもらうことになります。

 

路面店で効果を発揮する看板の種類

路面店を効果的に宣伝する看板には、いくつか種類があります。
テナントが複数入っている建物には、突き出すように設置されている看板を見かけますが、これは袖看板と呼ばれます。

袖看板は、路面店にとって定番のタイプになり、通行人も、その建物にどんな店が入っているのかが、遠くからでもわかるようになります。

 

袖看板は効果的な看板のタイプになりますが、ビルの所有者によっては設置を許可していない場合もありますので、事前確認は不可欠です。
立て看板は、道路やビルの入り口に設置されている看板のことで、そのフォームがアルファベットの「A」に似ていることから、A看板とも呼ばれます。

 

立て看板には店のロゴだけでなく、メッセージを書くスペースもあるので、たとえばレストランだったら「本日のおすすめメニュー」なども表示可能です。
ロゴとサービスを伝えることで、訴求効果が高まります。

 

手軽に設置できる立て看板ですが、設置場所によっては通行人の邪魔になるなどのトラブルに発展することもあります。
屋上看板はその名の通り、ビルの屋上に設置する看板のことを言います。
屋上看板は、屋上を専有するため巨大になる傾向があるのです。

 

屋上看板はとても目立つので、短期間で多くの人に認識してもらえるという効果が期待できます。
広告としては効果的な屋上看板ですが、設置する手間と費用がかかります。

 

効果的な看板のディスプレイ方法

効果的な看板のディスプレイ方法を考えるときは、通行人に見えやすいかどうかを重要視するといいでしょう。
できるだけ多くの人に注目してもらいたいので、とにかく目立つ場所に設置すれば良い、と思うかもしれませんが、路面店の立地条件などによって看板の見え方も異なります。

 

通行人に注目してもらいたい場合は、20mほど離れた場所から認識できる、というのが一つの目安になります。
店の営業時間も考えましょう。
夜遅くまで営業する場合は、看板が夜の闇に飲まれないよう、照明の設置は不可欠です。

 

ポイントを理解して効果的な看板を作成しよう

路面店で効果を発揮する看板は、ターゲットに見つけてもらいやすく、興味を引きつけるようなデザインであることがポイントになります。
見やすさを考慮しながら、効果的な看板を作成しましょう。

(Visited 14 times, 1 visits today)

目を引く看板について知りたい方お気軽にお問い合わせください

手描きメニュー・手描き看板・印刷・なんでもお気軽にご相談ください。折り返しご連絡差し上げます。